winpchelp

「WINPC HELP」TOPページ > WinXP > 回復コンソールでシステムを復旧

回復コンソールでシステムを復旧

セーフモードでも起動できなくなってしまった場合の手段として「回復コンソール」で復旧するという手段があります。

回復コンソールでは、DOS画面のようにGUIが使えない環境でも利用できるようになっています。コマンドなどは全てユーザーが入力する必要があり、DOSでの操作が全くわからないユーザーには不向きです。

回復コンソールでは、Windowsのシステムファイルが壊れていても起動することができ、回復を試みることができます。

また、アクセスできるファイルの制限もあります。
・各ドライブのルートディレクトリ
・CD-ROM、MOなどのリムーバブルディスク
・cmdconsフォルダとそのサブフォルダ
・%SystemRoot%フォルダとそのサブフォルダ
上記のファイルにアクセス可能です。

実際に起動する時には、WindowsXPのCD-ROMより起動させます。
・CD-ROMより起動
・インストール済みのWindowsXPを回復コンソールを使って修復するには、Rキーを押してください。
  『R』を押す。
・キーボードの種類
  自分のキーボードに合わせて選択して下さい。続いて『Y』を押す
・回復コンソールを起動させるWindowsを選択
・管理パスワードの入力。設定していない場合には空欄で『OK』。
・回復コンソールのコマンドを入力して復旧する
・作業が終わったらExitを入力し、『Enter』を押す



当サイトで記載されている事項を試される場合、自己責任でお願い致します。